‘家事従事者’ カテゴリーの記事一覧

60代・女性・主婦・提示額から約1100万円増額

60代女性主婦2000万円獲得11級7号

■事故状況

自宅庭で庭作業をしていたところ、コンビニ駐車場から出ようとした相手方車両が第三者の車両に追突後、ブレーキとアクセルを踏み間違えてさらに加速し、自宅庭まで侵入し約10m跳ね飛ばされた。

■争点

家事従事者、後遺障害等級

■事務所の活動

病院同行、異議申立、訴訟

■解決のポイント

本件は、ご依頼者が11級7号の後遺障害認定がなされた事案です。
ご依頼者は事故前は、ご自身のお母様の介護を行っていたが、事故後これができなくなったという事情がありました。しかし、相手方から提示された賠償額にはその点が全く考慮されておらず、弁護士基準から見ても低い提示額でした。
受任後は、弁護士が適正額を計算し、交渉を行いましたが、相手方にも弁護士が入り「受け入れることができない。」との回答でした。
そのため、訴訟を行い請求をしたところ、裁判所においては当方の請求がほぼ認められた形で和解をすることができました。

本件の特徴は二つあります。
(1)弁護士が入ったことにより獲得金額が大幅に上昇したこと。
(2)裁判の費用も含め弁護士費用は弁護士費用特約で負担されており、ご本人の負担がないこと。
保険会社からの賠償額の提示は、不適切な場合がほとんどです。保険会社から賠償額が提示された場合はこれが適切かどうか弁護士に相談することをオススメします。特に弁護士費用特約にご加入の場合は、費用が掛かりませんので、弁護士に依頼することを強くオススメします。

70代女性主婦 435万円獲得

70代女性家事従事者435万円獲得320万円増額14級9号

■事故状況

車道と歩道の区別のない道路で道路の右端を歩いていたところ、前方から来た自動車と接触し、転倒した。

■争点

逸失利益、慰謝料、家事従事者、物損、休業損害、過失割合

■事務所の活動

被害者請求、交渉、異議申立

■解決のポイント

ご依頼者は、道路の右端を歩行していたにもかかわらず、自動車に接触して転倒した結果、歯牙欠損や半月板損傷などの重い怪我を負った事案でした。
相手方保険会社が道路の右端に寄っていたご依頼者に1割でも過失を認めるように求めてきたため、当事務所にご依頼いただきました。
当初より受任し、後遺障害申請も当事務所で行いましたが、残念ながら非該当となってしまいました。そこで、民間の画像鑑定会社に依頼して、半月板損傷を裏付ける鑑定結果を取得し、また主治医の先生の症状経過に関する書類を提出して異議申立をしたところ、後遺障害等級が認められました。
その後、加害者側の保険会社と事故の実況見分調書を取得して、ご依頼者には過失がないことを主張して交渉したところ、無事にご依頼者が無過失であることを前提とする内容で和解ができました。
異議申立における画像の大切さと実況見分調書の重要さを痛感した事件でした。

30代・女性・家事従事者・休業損害80万円獲得

30代女性家事従事者80万円獲得

■事故状況

相手方に一時停止の標識がある交差点で右折しようとしたところ、相手方が交差点に進入してきたことで衝突した。

■争点

家事従事者

■事務所の活動

交渉

■解決のポイント

本件では、主に家事従事者の休業損害が問題となりました。この点については、具体的に家事にどのような影響が生じたのかをご依頼者の陳述書を作成して交通事故紛争処理センターに提出し、その結果、6ヶ月の通院期間で約80万円の休業損害を獲得できました。

40代女性 主婦休損で90万円獲得

40代女性会社員90万円獲得

■事故状況

依頼者様は交差点手前で停車していた車に同乗していたところ、突然発進した後続車に衝突されてしまいました。

■争点

家事従事者、慰謝料

■事務所の活動

被害者請求、交渉、その他(交通事故紛争処理センターへの申立)

■解決のポイント

ご依頼者様は育児休暇中に事故に遭われた家事従事者でしたが、相手方保険会社は自賠責基準の5700円を基準として休業損害を計算していたため、当事務所が算定した全年齢全学歴女性の賃金センサスで算定した休業損害との開きがありました。

慰謝料についても裁判基準が認められなかったことから、交通事故紛争処理センターにあっせん申立をしたところ、全年齢全学歴女性の賃金センサスを基準として、90日間100%の休業損害が認められ、休業損害約90万円を獲得することができました。

50代・女性 損害賠償金 約200万円増額

50代女性337万円獲得14級

■事故状況

自動車で青信号の交差点に進入したところ,右方から来た赤信号無視の自動車と衝突。

■争点

逸失利益,家事従事者,慰謝料

■事務所の活動

交渉

■解決のポイント

本件は,ご依頼者様に後遺障害14級が認められていたにもかかわらず,相手保険会社からは,適正額より遥かに低い額が提示され,主婦休損や逸失利益については全く認められていなかった。
弁護士が受任し,適正額を計算し,交渉したところ,提示額より約200万円増額した形で示談することができた。
本件は,提示額だけでなく,受任前の相手保険会社の対応自体にも問題があった事案であり,ご依頼者様が非常に悔しい思いをなさっていた。
このことを受任当時から弁護士が真摯に受け止め,この思いを実現するために,何が最善かを考え,ご依頼者様と随時連絡を取り合い,方針に関する足並みをそろえることができたため,ご依頼者様も納得する結論に至ることができた。

休業損害約40万円増額

40代女性会社員120万円獲得

■事故状況

見通しの良い交差点を青信号で直進中,右側から信号無視の相手方が直進してきて衝突された。
衝突のはずみで左に向きが変わり,車止めポールにぶつかった。

■争点

休業損害,家事従事者

■事務所の活動

被害者請求,交渉

■解決のポイント

本件は残念ながら後遺障害認定はなされなかった。そのため,後遺障害以外の部分で争いとなった。
ご依頼者様は兼業主婦であったが,相手から提示された主婦休損分の金額は非常に低いものであった。
その理由としては,後遺障害が認められなかったこと及びご依頼者様が主婦とは認められないことにあった。
そのため,結果的に後遺障害が認められなくとも家事に影響が生じること,仕事をしていたとしても主婦と認められることを主張し,休業損害の増額をすることができた。

20代女性家事従事者 慰謝料・休業損害合計30万円増額

30代女性家事従事者50万獲得 

■事故状況

信号待ちで停車中,後から追突された

■争点

■事務所の活動

交渉

■解決のポイント

早期から弁護士を入れることによって裁判基準に近い金額で示談をすることができた。

60代女性 専業主婦 後遺症等級14級認定され,約350万円獲得

60代女性専業主婦14級約350万獲得 

■事故状況

信号待ちで停車中に,わき見運転の車に追突された。

■争点

家事従事者,慰謝料

■事務所の活動

被害者請求,交渉

■解決のポイント

事故直後からご依頼いただき,後遺症の申請及び交渉まで行いました。
結果,主婦の休業損害として約100万ほどみとめられ,総額で約350万円を獲得することができました。

40代女性兼業主婦 仲裁・斡旋手続利用により慰謝料を裁判基準以上で獲得できた事例

■事故状況

信号待ちをしていたところ,後ろから追突された

■争点

家事従事者,慰謝料,休業損害,逸失利益

■事務所の活動

交渉,仲裁・斡旋

■解決のポイント

今回,問題となったのは,主に慰謝料となります。
事故を起こした相手方は事故の当時飲酒をしていたため,傷害慰謝料・後遺障害慰謝料につき,裁判基準よりも増額して交渉を行いました。
しかし,相手方保険会社は慰謝料の増額は認められないと譲らず,話し合いでは折り合いがつかなかったため,仲裁・斡旋手続を利用することになりました。
その上で,傷害慰謝料・後遺障害慰謝料につき,裁判基準の105%を獲得し,さらに逸失利益についても裁判基準である労働能力喪失期間5年,労働能力喪失率5%を獲得することができました。

紛争処理センターにて仲裁・斡旋手続を利用すると,事例によっては今回のように裁判基準と同等の金額を獲得することも可能です。
まずは一度,専門家にご相談ください。

40代女性・専業主婦 事前提示より約80万円増額された事例

■事故状況

優先道路から側道へ右折にて進入しようとしたところ,相手方が直進してきたため側面衝突した。

■争点

家事従事者,慰謝料,休業損害

■事務所の活動

被害者請求,交渉

■解決のポイント

事前認定手続で後遺障害申請をしたため,進捗状況や手続が不透明であった。
結果として後遺障害は認定されなかったものの,被害者請求に切り替えたことによって手続をスムースに進めることができた。
また,依頼段階で提示があったが,主婦の休業損害などの増額を請求し,提示額よりも2倍近く増額することができた。

« 前のページ  
Copyright(c) 浜松の弁護士による交通事故法律相談所 All Rights Reserved.