解決事例

30代女性・主婦 主婦の休業損害が認められ,390万円の示談金を獲得できた事例

■事故状況

見通しの悪い交差点にて,一時停止標識を無視して交差点に進入した車と衝突

■争点

家事従事者,逸失利益,慰謝料

■事務所の活動

交渉

■解決のポイント

当事務所において,いわゆる裁判基準に照らし損害額を計算し,相手方保険会社と交渉をしたところ,受任後約1ヵ月にて,主婦としての休業損害約125万円を含む計約390万円支払われる形での示談が成立致しました。
今回の事故において,裁判となれば相手方がこちらの過失を主張することが想定されましたが,早急な交渉での解決により無過失にて示談をすることができました。

異時共同不法行為による後遺障害が残存し訴訟を経て約1400万円獲得した事例

■事故状況

後ろからの追突で通院・治療していた期間に,更に後ろから追突される別事故が発生した。

■争点

逸失利益・慰謝料

■事務所の活動

病院同行,被害者請求,交渉,訴訟

■解決のポイント

第一事故の治療中に不遇にも第二事故に遭遇された事案になります。
両事故ともに,病院同行し,整形外科の先生に後遺障害診断書の作成を依頼し,当事務所において後遺障害申請の手続きを行いました。
異時共同不法行為として,12級及び14級の等級を獲得することができましたが,交渉において難航したため訴訟提起を行いました。
そうしたところ,こちら側の言い分をほぼ認める和解案が提示されたため,和解に至りました。結果,総額1400万円を獲得しました。

紛争処理センターを利用し,裁判基準に近い金額にて解決できた事例

■事故状況

信号機のない交差点において,優先道路を走行し交差点に進入したところ,右方道路より交差点に進入した相手方車両と衝突した。

■争点

慰謝料

■事務所の活動

被害者請求,交渉,仲裁・斡旋手続

■解決のポイント

相手方保険会社との交渉では,慰謝料の8割しか認められなかったが,交通事故紛争処理センターにて斡旋手続きを利用したところ,裁判基準のほぼ満額にて示談することができた。

評価損(格落ち)60万円が損害として認定された事例

■問題点

優先道路を走行中,側面から出てきた車と衝突した事故。

事故に遭われたお車は,事故の直前に下取りに出すだめに査定を受けており,事故後の査定価格との差が損害として補償されるのかという点が問題となった。

■当事務所の活動

交渉

■解決のポイント

本件の大きな争点は,事故前の査定価格と,事故後の車の査定価格の差について請求が認められるか,という点にあった。

結果として,事故前に受けていた査定価格180万円から事故後の査定で下落した60万円につき,損害として認定され,補償をうけることができた。

50代男性 会社員 訴訟で和解金約2200万円獲得

50代 男性 会社員 後遺障害等級7級 約2200万円獲得

■事故状況
バイクで交差点を青信号で直進中,対向自動車が右折してきて衝突した。

■争点

過失割合,逸失利益,慰謝料

■当事務所の活動

病院同行,被害者請求,交渉,訴訟

■解決のポイント

本件は,ご依頼者様に7級の後遺障害が残った事案でしたが,加害者側が過失割合につき争ったため訴訟提起に至りました。
裁判の結果,当方の主張が全般的に容れられ,約2200万円での和解が成立致しました。

 

60代・女性・無職 異議申立・訴訟を経て約500万円獲得

60代・女性・無職 後遺症認定14級 約500万円獲得

■事故状況
直進走行したところ,右側より衝突された。

■争点
後遺障害等級,慰謝料等

■当事務所の活動
病院同行,異議申立,鑑定依頼,交渉,訴訟

■解決のポイント
もともと自賠責保険で14級が認定されており,12級への異議申し立てをいたしましたが認められず,訴訟提起に至りました。
残念ながら,訴訟においても等級認定に変更はありませんでしたが,カルテ等をもとにご依頼者様の症状の重篤性を主張したことが功を奏してか,和解において各損害の上乗せが認められ,結果として,自賠責損害賠償額75万円を加えた総額500万円程度の賠償を実現することができました。

 

50代・女性・会社員・異議申立によって非該当から12級認定

50代・女性・会社員 後遺障害等級12級 約1000万円獲得

■事故状況
青信号で横断歩道を渡っていたところ,右折してきた自動車と衝突

■争点
後遺障害等級

■当事務所の活動
被害者請求,異議申立,交渉

■解決のポイント
ご依頼者様は,横断歩道通行中に右折車と衝突し,左足を骨折するという大怪我を負われました。
ところが,当初,自賠責はご依頼者様に対して後遺障害非該当の認定をしました。おそらく,足関節の可動域が12級7号の認定基準に若干満たなかったことを受けての結果かと思われます。
そこで,弊所において異議申立てをした結果,受傷部位の疼痛について12級13号の認定を獲得することができました。
最終的に,ご依頼者様においては,自賠責損害賠償額224万円を加えて合計1000万円を超える賠償が実現いたしました。

10代女性・学生 裁判基準にて示談

■事故の状況
親族の運転する車に同乗中,センターラインのある道を走行中,一方通行・一時停止ありの側道よりトラックが出てきて衝突した。

■争点
若年者,慰謝料

■当事務所の活動
交渉

■解決のポイント
弁護士が交渉したことにより赤本基準から減額することなく,相手方の提示から約20万円増額して示談することが出来た。
交通事故では,自賠責基準・任意保険基準・赤本基準の3つの基準があり,弁護士が介入することによってもっとも高額な基準である赤本基準で交渉する事ができる。

30代男性・会社員 後遺障害等級併合11級獲得

■事故の状況
依頼者(自転車)が交差点手前で一旦停止後発進したところ,左側から直進する自動車と衝突。

■争点
慰謝料

■当事務所の活動
病院同行,被害者請求,交渉

■結果
特に耳の聞こえが悪くなった点について,弁護士より主治医の先生に適切な検査をお願いした結果,適切な後遺障害認定がなされた。それを踏まえ,相手方保険会社と賠償額の交渉をしたところ,裁判をした場合と遜色ないと思われる水準の金額で解決をすることができた。

30代・男性・会社員  休業損害約10万円増額

■事故の状況
赤信号で停止中に,後方より追突された。

■争点
休業損害

■事務所の活動
被害者請求,鑑定依頼,交渉

■結果
フレックスタイム制が採用されている会社にお勤めの会社員の方で,通院時間の確保のため遅刻や早退をする必要があった。表面上は減収が生じていないものの,通院・診療時間相当部分については勤務時間と評価されないことから残業をしなければならなくなった。かかる実質的な損害について,交渉により,有給使用部分のほか,休業損害として約10万円が認められた。

« 前のページ  
Copyright(c) 浜松の弁護士による交通事故法律相談所 All Rights Reserved.