解決事例

10代男性・学生

■事故状況

走行中,相手方がセンターラインを超えて衝突した車に同乗していた。

■争点

慰謝料

■事務所の活動

交渉

■解決のポイント

裁判基準で慰謝料を計算し直すことによって,相手方保険会社の提示より16万2000円も増額した。

40代女性主婦 主婦の休業損害が認められた事例

■事故状況

走行中,相手方がセンターラインを超えて衝突した。

■争点

慰謝料

■事務所の活動

病院同行,被害者請求,交渉

■解決のポイント

主婦の休業損害が認められ,裁判基準に近い金額にて示談することができた。

60代男性自営業 非該当から14級獲得 

■事故状況

歩道にて立っていたところ,道路から進入した車と衝突した

■争点

休業損害,慰謝料

■事務所の活動

異議申立,交渉

■解決のポイント

事前認定で後遺障害非該当の結果の状態で来所された方。ケガを負った側の足とケガを負っていない側の足のMRI画像を入手し,両方の画像レポートを比較した内容の異議申立てを行ったところ,異議申立てが認められ後遺障害14級9号が認定された。
上記後遺障害を踏まえた交渉の結果,当初の提示額より約300万円増額した。

40代男性 会社役員 慰謝料約170万円増額

■事故状況

対向車の右折完了を待っていたところ,正面より衝突した

■争点

慰謝料,逸失利益

■事務所の活動

交渉

■解決のポイント

弁護士が交渉に入ったことによって,受任後約2週間で裁判基準での示談を成立させることができ,当初の相手方の提示額から約170万円増額させることができた。

 

50代男性会社員 裁判基準にて示談

■事故状況

信号待ちをしていたところ,後ろから追突された

■争点

慰謝料

■事務所の活動

異議申立,交渉

■解決のポイント

傷害慰謝料につき,加害者側提示約67万円に対し,裁判基準104万円の賠償を実現。

 

40代女性 200万円獲得

■事故状況

東へ直進していたところ,一時停止義務を無視して南へ直進してきた車と側面衝突した

■争点

休業損害,慰謝料

■事務所の活動

交渉

■解決のポイント

本件では,ご依頼者様に14級9号の後遺障害が認定されていたのですが,相手方保険会社が逸失利益を否認しておりました。これにつき当事務所で根拠資料を整理・提出し,最終的に逸失利益込みでの示談を成立させることができました。

 

 

40代女性 主婦 

■事故状況

停止中に後ろから追突された

■争点

休業損害,慰謝料

■事務所の活動

交渉

■解決のポイント

本件は,当事務所介入時点で加害者側保険会社からの賠償提示が行われていた案件でした。もっとも,ご依頼者様の主婦としての休業損害の算定が低く,この点に重点を置いた交渉を心がけました。

20代男性会社員 慰謝料増額

■事故状況

停車中・後方から追突

■争点

慰謝料

■事務所の活動

交渉

■解決のポイント

受傷後の通院期間6ヶ月(後遺障害なし)の案件につき,通院慰謝料について弁護士基準を根拠に交渉し,賠償額の20万円増額を実現しました。

30代・男性・会社員

■事故状況

信号待ちをしていたところ,後ろから追突された

■争点

休業損害,慰謝料

■事務所の活動

病院同行,被害者請求,交渉

■解決のポイント

休業損害は,事故直前3ヶ月の給与明細に従うべきだと主張があった。しかし,実状としてみると賞与も日々の積み重ねによって支給されるものである。過去の裁判例を調査し,賞与を含めた源泉徴収額をもとに休業損害を求め,これが認められた。また,交渉によって慰謝料は裁判基準満額を獲得することができた。

30代・女性・兼業主婦

■事故状況

信号待ちで停車しているところ,後ろから追突された

■争点

家事従事者,休業損害

■事務所の活動

交渉

■解決のポイント

本件では,ご依頼者様が事故後にお仕事を休業されていなかったことから,当初,相手方保険会社において休業損害が否認されておりました。しかし,この点については,ご依頼者様の就労が臨時の応援要員であり,現実問題として休業が極めて困難であったという事情がございました。こうした状況を弁護士が粘り強く説明し,最終的には休業損害を一部認めさせる形での示談が実現致しました。

« 前のページ  
Copyright(c) 浜松の弁護士による交通事故法律相談所 All Rights Reserved.