Q④-4

相手の保険会社の対応が気に入りません。何とかして、解決する手段は無いのでしょうか?

A:上司や、カスタマーセンターに苦情を入れたり、諸保険会社の統括庁である金融庁や、一般社団法人日本損害保険協会(そんぽADR)などの第三者に苦情を入れたりする手段が有効です。ただし、なんでもかんでも苦情を入れて良いという訳ではありません。「普通は保険会社がやらないようなことをやっている」というような場合に限られるため、ある程度の相場観は必要です。

相手保険会社の対応が明らかに悪い、というような場合には、上司やカスタマーセンターに苦情を入れるという方法があります。また、第三者機関として、金融庁(諸保険会社の統括庁)や一般社団法人日本損害保険協会(そんぽADR)などに苦情を入れる手段も有効です。第三者機関に苦情を入れると、まず保険会社に対し通達が送られ、そのうえで、保険会社に、金融庁やそんぽADRに対しての進捗報告義務が生まれる場合があります。金融庁やそんぽADRから指導されることは相当な重荷になるため、保険会社の対応を変えやすいでしょう。

ただし、なんでもかんでも苦情を入れても良いというわけではありません。例えば、「理由無く診断書を出してくれなかった」、「保険会社の担当者が代理人を無視して被害者本人と示談をしてしまった」というような、普通の実務としては有り得ないのではないかという対応のみに限られますので、ある程度の相場観をもって検討してください。

 
Copyright(c) 浜松の弁護士による交通事故法律相談所 All Rights Reserved.