交渉の結果、主婦の休業損害が認められた事例

通常、「主婦」で「入院なし」「後遺障害非該当」の事例では、休業尊大として一日あたり100%の休業を認めてくれることはあまりありません。
しかし、本事例は「主婦」で「入院なし」「後遺症非該当」でありながら、全通院日数中前半部分100%、後半部分も50%の休業損害が認められました。
本件のような案件は、訴訟にした場合、ここまで認めてもらうことが難しいと想定される案件でした。

 
Copyright(c) 浜松の弁護士による交通事故法律相談所 All Rights Reserved.