後遺障害認定手続について

治療を続けたものの後遺症が残った場合、自賠責保険から後遺症に対する賠償を含めた支払を受けるためには、後遺障害認定を受ける必要があります。

具体的には、損害保険料算出機構(実際の業務を担当するのは同機構に属する調査事務所)という組織が認定業務を行っています。

もっとも、被害者が後遺障害認定手続を受けようという場合、損害保険料算出機構に直接申請手続を行うわけではありません。

後遺障害認定手続の方法としては、①被害者から加害者の自賠責保険に対して請求を行う「被害者請求」という方法と②加害者に任意保険がある場合に任意保険が自賠責分も含めた支払を行う一括払い手続の前提としてなされる「事前認定」という方法があります。

被害者請求の場合には、加害者側との示談の成否や後遺障害認定がなされるか否かにかかわらず、自賠責保険が認める範囲でとりあえずの支払がなされる等のメリットがあります。

 
Copyright(c) 浜松の弁護士による交通事故法律相談所 All Rights Reserved.