自賠責保険とは

自賠責保険は、交通事故の被害者保護のため、法律に基づき、すべての自動車が加入しなければならない強制保険です。 加入していない場合は、罰則の対象となります。

補償の対象は、傷害・後遺障害・死亡等の人身部分の損害のみで、車両等の物損部分の損害は対象になりません。

自賠責保険は、裁判基準・任意保険基準の各基準に比べ支払限度額が低くなっていますが、被害者保護のため被害者側の過失を一定の範囲で考慮しない規定になっていますので、裁判上の請求や任意保険の提示よりも被害者に有利になる場合があります。

詳しくは弁護士にご相談ください。

 
Copyright(c) 浜松の弁護士による交通事故法律相談所 All Rights Reserved.